2021年の寄付活動

寄付先


認定NPO法人フローレンス: ひとり親家族への支援

https://florence.or.jp/lp/problem-single-parent/

選定理由


理由は2つあります。

1つ目は、

委任した方々もKURISを選んだことで寄付活動をしている

そう実感していただくためにも、初年の寄付は「家族」へと決めておりました。

厚生労働省の「2019年 国民生活基礎調査の概況」では
ひとり親の貧困調査の結果がまとめられています。
それによると

2018年において貧困線に満たない人たちのうち、ひとり親は48.3%だそうです。

貧困線は「等価可処分所得の中央値の半分」と定義づけられていますが、
これは国民全員の手取り収入を低い順に並べた時、ちょうど真ん中の所得の半分です。

中央値は127万。つまり、

月に手取りが5万3000円以下の人たちの内、48.3%がひとり親です。

2020年の調査はコロナで中止したためデータはないですが、
コロナの影響で悪化してると推測できます。

「今このタイミングで支援が必要」という理由で、
ひとり親の貧困問題に取り組んでいる団体を選定いたしました。

2つ目は、


私自身、母親の愛情を言葉に言い表せないくらい感じてきました。
同じ境遇の方々にも、微力ながらサポートしたい。

個人的ではございますが、そういった想いも理由の一つです。

「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」ぜひみてください。

金額


2021年12月にオペレータ報酬の1割を利確したのち、取引所の手数料および税金を差し引いた金額を寄付いたします。
その際こちらに追ってご報告いたします。

寄付詳細(※ 2021/11/25更新)


12月に寄付する予定でしたが、
12月はクリスマス・年末があります。

少しでも潤った状態で迎えて欲しいという想いで
寄付時期を前倒ししました。

以下は寄付の詳細です。

ブロック生成したエポック280〜エポック301のSPO報酬から支出

エポック280 – 301

寄付用に積み立てたADAを利確

SPO報酬を積み立てた期間(302 – 280)x SPO報酬の10%(340ADA x 0.1)
= 利確するADA(748ADA)

利確時のレートと積み立てADA

スプレッドは15円だったため、実際に円換算出来た金額は「¥142,120」でした。

うち「¥140,000」をフローレンスに寄付しました。

寄付詳細

寄付を終えて


この「¥140,000」はただの「¥140,000」ではなく、
SPO報酬がなければ生まれなかった「¥140,000」です。

SPO報酬はブロック生成していなければ生まれず、
ブロック生成は委任がなければ起こりえませんでした。

この場を借りましてKURISに委任して頂いた皆様にお礼を申し上げます。

委任者の皆様。
KURISに委任して頂き、寄付金を募って頂き、
寄付して頂き誠にありがとうございました。

今後カルダノADAの価格が上昇した際には、
寄付出来る金額も併せて上がります。

カルダノが発展すれば助かる人々も増える。

その為にもKURISは投資家・委任者・カルダノ・被寄付者・社会が
最も利得を得る方法を常に模索しながら共有するよう努めます。

最後に、委任者の方々ならびに支えてくださった方々にも
重ねてお礼申し上げます。

今後ともKURISプールをどうぞよろしくお願いいたします。